星みるみち

日々の出来事や感じたことなど、有益な情報をお伝えする雑記ブログです。

ロジクール iPad Pro用 Slim Comboを10ヶ月使った感想

iPad Pro10.5とロジクール Slim Combo

Logicool iPad Pro 10.5 iK1092BKA

iPad Pro用のキーボードですが、いろいろ売られていますね。

安いものであれば、2500円ぐらいから売られています。

 

といっても、パソコンと同じ機能で使いたいと思えば、やはり、それなりのクオリティーのものを選びたいものです。

 

私がiPadを使う目的は、外出した時、喫茶店など、時間調整の時に記事を書いたりすることですね。

 

そうなると、キーボードの役目は重要です。

 

そこで、まず、Appleのスマートキーボードです。

純正なので、購入を考えていましたが、お値段がなんと¥ 18,339です。

 

これ、ちょっと高くない?

もう少しお安いもの・・・せめて12000円ぐらいのものがあればと・・・

そこで、見つけたのが、ロジクール のSlim Comboというキーボードです。

 

メーカーがロジクールなので、まず、信用出来ますね。

Apple Store(MFi認証)で取扱っているぐらいなので安心です。

 

そこで、ロジクール Slim Comboを買って10ヶ月使って良かったことと、良くないことを紹介しますね。

 MFi認証とは、アップル社が、他社(サードパーティ)製アクセサリとiPod/iPad/iPhoneとの互換性を保証することを示すものです。 ... このライセンス契約のもとに「MFi認証」された製品には「MFiロゴ」をつけることができ、将来にわたってアップル製品との互換性が保障されています。

 

ロジクール Slim Comboを買って良かったと思うことは

Smartコネクタなので簡単接続

ロジクール Slim Comboのスマートコネクタ端子

 Appleの純正キーボードと同じ、iPad Pro側面に設置されたSmartコネクタにキーボードの端子を付けるだけ(マグネット式)で簡単に接続出来ます。

 

これは、キーボード側の充電やBluetoothでのペアリング設定などはしなくて、そのままで接続出来るのが便利ですね。

 

値段が安い

ロジクール Slim Comboのボックス

ロジクール Slim Comboのお値段ですが、現在の価格は楽天で8413円(送料無料)です。

 

私が、買ったときは、12,817円だったので、かなり安くしていますね。

なんか、損した感じですが、いろいろライバルが出現するので価格を安くしているのでしょう。

 

スタンドの傾斜角度が20°〜70°まで可能

20°まで傾けたiPad


 

スタンドの傾斜角度が20°〜70°まで可能です。

これは、立ちながらキーボード操作が出来るということです。

 

例えば、キッチンでレシピを見ながら腰を屈める必要なく料理が出来ます。

 

また、机よりも椅子が高い場合・・・例えば、バーカウンターのようなところでタイピングする場合も、腰を低くしなくても可能だということです。

 

そして、バックライトが付いているので、薄暗いところでもタイピング可能です。

 

まあ、このような利点がありますが、欠点もあります。

 

ロジクール Slim Comboの悪い点

ロジクール Slim Comboのヒンジ部分

重量が重い

まず、重いことです。

重いと持ち運びがちょっと大変です。

 

キーボード部分は重くはありませんが、iPadをカバーするケースが重いですね。

Slim Comboの総重量は528 gあります。

 

Appleのスマートキーボードは220gなので、かなり違います。

iPad本体は470gなので、合わせると約1kgになりますね。

 

これだけの重量になりますが、昔のノートパソコンと比べれば軽いのものです。

 

それで、重いのは、iPadのカバーの部分ですが、無段階に傾けることが出来る金属ヒンジが重いということです。

 

これだけは、仕方ないことで、Appleのスマートキーボードなどは、ヒンジを使わないので、傾斜角度は決めれています。

 

なので、先程述べたように、スタンドの傾斜角度20°が必要な方にとって、他に無いメリットですね。

画面がぐらつく

ロジクール Slim Comboの傾斜角度60°にした場合

 

ロジクール Slim Comboは故障知らずですが、iPadにはマウスが使えません。

(厳密に言えば使えますが、特殊なマウス(Swiftpoint GT)17800円を購入する必要があります)

 

なので、指でスクロールしたり、文字を打つ場所をタップしますが、画面にタッチすると画面が少しぐらつくのです。

 

つまり、うまくホールドしないのが残念に思います。

ただ、画面の傾斜角度によってぐらつく度合いは変わってきます。

 

もっとも、平面に近づける(20°ぐらい)とぐらつくことはありませんが、60°ぐらい傾けた状態だと不安定になります。

 

この60°の傾斜角度は常にタイピングをする角度です。

 

もちろん、ヒンジがしっかりしていますが、画面とキーボードのつなぎ目が柔軟性のあるソフト素材なので、しっかりと固定してくれないのです。

 

その結果、若干ぐらついてしまいますね。

これは、構造上仕方ないと思いますが、私はこの点がデメリットだと思います。



dodocool 10.5インチiPad Pro用スマートキーボードケースを発見!

 ロジクール Slim Comboよりも、安いSmartコネクタ搭載のケースが販売されています。

 

それは「dodocool 10.5インチiPad Pro用スマートキーボードケース」です。

 

これは、税込みで¥6,299なので、とにかく安いという商品ですね。

 


dodocool iPad 9.7有線キーボード 2018 脱着式 Lightningケーブル MFi認証 オートスリープ バックライトキー Apple Pencil用の内蔵ホルダー付き

上記はiPodの9.7インチ仕様のものが¥4,899で売られています。

 

dodocool 10.5インチ仕様のものは現在(2019.5.7現在)売られていないようです。

これは、Amazonでのカスタマーレビューを見ると、「ケースの爪の部分でガラスフィルムが割れた」とか、「ケースが固くて入れるのが苦労した」「傾斜角度が変えられない」「重い」「スマートコネクターとの接続は傾斜角度が決まっている」など、あまり良くない感想が目立っていたので、発売中止になったように思います。

 

そして、dodocoolは、MFi認証をうたっていますが、Appleのアクセサリー部門には見あたりません。

 

また、MFi認証を確認するサイトがありますが、検索結果に表示されません。https://mfi.apple.com/MFiWeb/getAPS

 

これは、おそらく、dodocool というメーカーの他の商品(ケーブル、バッテリー)がMFiに認証されているということだけのことだと思います。

 

そうでなければ、AppleのスマートキーボードやロジクールSlim Comboと同じようにMacの商品ページに掲載されていると思います。

 

今回は、ロジクール Slim Comboを10ヶ月使った感想ですが、まずまずといったところでしょう。

 


Logicool ロジクール 10.5インチ iPad Pro用 Slim Combo バックライトキーボード付ケース ブラック iK1092BKA Smart Connector テクノロジー搭載