星みるみち

日々の出来事や感じたことなど、有益な情報をお伝えする雑記ブログです。

コンビニの無料Wi-Fiを使うにあたって注意すること

コンビニと無料WiFi

今や、コンビニに行けば無料でインターネット接続が出来ますね。

でも、セキュリティが心配だと言われているようです。

 

なので、注意が必要ですね。

でも、コンビニのWi-Fiは無料だし便利なので使わない手は無いと思います。

 

そこで、通信費を節約し安心してインターネットを楽しむ方法は無いのか?

ということで、今回は通信費を賢く節約するコンビニの無料Wi-Fiについて考えてみました。

 

 

Wi-Fiプロテクトというアプリで危険を回避する

iPadでセブンネットの無料WiFiへコネクトした状態


まず、最初にコンビニの無料Wi-Fiを使うあたって注意すべきことを紹介しますね。

それは、ネットに接続すると、必ずセキュリティの警告が表示されます。

 

これは、第三者から通信内容を盗み見られたり、データを抜き取られたりすることができるという警告です。

 

この、警告を無視してネット接続するのは、少し勇気が必要ですね。

 

そこで、VPN(Virtual Private Network)アプリの「Wi-Fiプロテクト」をインストールすれば、安全なデータ通信が可能になるということです。

 

Wi-Fiプロテクトのダウンロードページ

 

この、VPNは、分かりやすく言うと、直接に閲覧するサイトとつながないで仮想の線(ネットワーク)を通じて閲覧サイトへ飛ばす・・・つまり、暗号化されているので安全だということです。

 

ただ、動画や音楽ファイルへのアクセスは保護対象外だと言うことです。

そして、閲覧するサイトによって、表示が遅く感じることがあります。

 

これらがWi-Fiプロテクトのデメリットですが、安全を確保するために別線を入れる・・・つまり、直接ではなくルートが増えて暗号化させるので遅くなるということですね。

これは、安全を選ぶには仕方無いことだと思います。

 

それで、この、Wi-Fiプロテクトは無料でダウンロードして使うことができます。

ダウンロードは下記です。

WiFiプロテクト

WiFiプロテクト

  • TownWiFi Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

apps.apple.com

そして、もう一つ・・・Wi-FiプロテクトはIOSのスマホのみ利用出来ます。

Androidのスマホをお持ちの方は、Wi-Fiプロテクトが内蔵されているタウンWi-Fiをダウンロードしてくださいね。

 

では、次にコンビニや店舗の無料Wi-Fiの違いを紹介しますね。

どこのコンビニがおすすめなの?

大手コンビニ三社のロゴとWiFiマーク


コンビニと言えば、セブンイレブン、ローソン、そして、ファミリーマートがベスト3だと呼ばれていますね。

 

そこで、おすすめはどこ?

と聞かれると、私はセブンイレブンとお答えします。

 

その理由は、普通に「つながる」からです。

では、他のコンビニはダメなの・・・

 

と言うことですが、私はダメとはいえませんが使えないことがあるので、安定したセブンイレブンをおすすめします。

 

では、ローソンとファミリーマートの無料Wi-Fiってどうなの?・・ということを、まず、お話しますね。

ローソンの無料Wi-Fiはライブドアブログが見れない

ローソンの無料WiFiで接続拒否になった表示画面

ローソンもセブンイレブンに匹敵するぐらい快適な無料Wi-Fiですが、ライブドアブログは閲覧できません。(2019.10.10.現在)

 

これは、どういう理由なのか分かりませんが、特定のサイトを表示させないのは不便だと思いますし、知らない人はライブドアブログは閉鎖したと誤解してしまう恐れがあります。

 

もちろん、「このサイトはLawson Wi-Fiサービスからはご利用になれません」(上記画像)と表示されますが、見れないサイトが存在するということは不愉快だと思います。

ファミリーマートは今後使える無料Wi-Fiに!

ビルのウインドガラスに写っているファミリーマートの文字

次はファミリーマートですね。

ファミリーマートは最近になって、Wi-Fiが使えるようになったと感じています。

 

というのは、今までお店によって使えないことが頻繁にあったからです。

特に古くから営業をしているお店はWi-Fiの設備をしていないように思います。

 

また、ネット接続しても、極端に表示が遅いので、低速モードにしているように思いったりします。

 

低速モードでは、ネットの閲覧はほとんど不可能です。

つまり、使えないということですね。

 

このように、ファミリーマートでは、Wi-Fiが使えるお店と使えないお店があるといことです。

でも、徐々に新しいお店ができたりして、使えるようになりつつあるという感じですね。

セブンイレブンでもネットの閲覧規制をしていることも・・・

セブンイレブンのコンビニ店舗と店員2名と専用配達車両


セブンイレブンだったら、どこのお店でも無料Wi-Fiが使えるのか?

といえば、そうでは無いと思います。

 

でも、使えないのは稀なので、くじ運が悪かったと諦めるしかないですね。

それで、使えないということですが、規制が入っているお店があります。

 

これは、先ほどのローソンのように特定のサイトが見れないということではなく、主に「http://」のサイトが見れないということです。

 

これは、セキュリティ対策がなされていないと言うことで規制しているようにおもいます。

 

総務省の非安全サイト

と言うことは総務省のサイトも「この接続は安全ではありません」と表示されるので、閲覧できないということになります。

 

この、総務省のセキュリティーに関しては、随分前に別のブログで紹介しましたが、今になっても対策されていないですね。

 

話題は戻りますが・・・

このような規制はお店(コンビニの店舗)の方で個別に操作しているのか?

分かりませんが、統一して欲しいと思います。

どんな人が、コンビニの無料Wi-Fiを利用するの?

コンビニの駐車場と車

 

家の近くにコンビニがあると、何かと便利ですね。

お酒も売っているし、スナック菓子やお弁当など、気軽に手に入ります。

 

また、大型の駐車スペースを完備しているコンビニだったら、朝の出勤前に昼食を買ったり出勤時間まで、車の中でコーヒーを飲んだりして時間待ちをしている人がいます。

 

そんなときに、コンビニの無料Wi-Fiを利用する人が多いですね。

特に工業団地の近くにあるコンビニの駐車場は朝は満車状態です。

 

その、ほとんどの人は車内でスマホを見ています。

つまり、コンビニの無料Wi-Fiを利用しているんです。

 

私は最初、コンビニに無料Wi-Fiがあっても、あまり利用する人はいないと思っていました。

 

ところが、出勤までの時間待ちという使い方があったのですね。

なるほど、と思ったので今回の記事を書いたということです。

 

そして、さらに便利なのは、タウンWi-Fiアプリを使うことです。

タウンWi-Fiアプリについては、次の記事で紹介しようと思っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ下記ツイッターからシェアして頂ければとっても嬉しいです。

 

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪

ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブログ更新通知